1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤沢まるしぇ」に出展します!

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

3月27日(日)
静岡県伊東市赤沢で開催されるイベント
「赤沢まるしぇ」
当館も出展します。
お近くにいらっしゃる方、ぜひ
お立ち寄りください。
ただ今、準備の真っ最中のため、
取り急ぎ、お知らせまで!
明日、赤沢でお会いしましょう~(^▽^)/

スポンサーサイト

サンフロント知っ得セミナー

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

昨日、沼津市にある静岡新聞東部総局の
サンフロントホールで
知っ得セミナーが開催されました。

全6回中の3回目、講師は
伊豆ガラスと工芸美術館館長
片山劼(つとむ)です。

演題は「ジャポニスムは和と洋の生活美学」

スライドでの作品紹介に加え、
実際にガレのガラスや陶器作品など8点を
会場に運びました。
さらに、ガレのガラス器を客席にまわし、
実際ふれてもらうという・・・
なんとも大胆な趣向でした(^^;)

参加者の皆様は、
実際ふれてみて質感や重さを確かめたり、
ふだんは見られない作品の裏側を見たり、
エナメル彩の絵の具の盛り具合をさわってみたり、
サプライズなひとときだったと思います。

館長ならではの大サービス。
美術品にさわる貴重な機会、昨日は
約70名の参加者が体験しました。
また機会があれば、他の皆様にもぜひ・・・

ちなみに私たちスタッフは主に展示替え作業の時
いやというほどさわっております(笑)
高価な貴重品だと思うと緊張しますが
ギャラリーの先生から、
「こわごわ持つのはあぶない。堂々と持つように!」
と指導を受けてから、こわごわはやめました。
とはいえ、ガラスはこわれもの。
大切に扱わないと~。

知っ得セミナーに参加された皆様、
ぜひ券を利用して美術館へ遊びに来てくださいね~♪






学芸員う



16年前のおはなし

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

今から16年前…
みなさまは何をされていましたか?

まだ生まれてなかった
なんて方もいるでしょうね(^^;)。

その頃、伊豆ガラスと工芸美術館では
VIPをお迎えしていました。

ここ伊東市で、日露首脳会談が行われたのです。
当時、日本の首相は橋本さん。
ロシア大統領はエリツィンさん。

お二人のご夫人方が
なんと!
伊豆ガラスと工芸美術館に来られたのです。
平成10年4月18日のことでした。

館長の解説を聞きながら展示室を見学され、
「フュージング」という技法でアクセサリー作りも体験。
たいへん喜んでくださいました。

その時に記念品としていただいたものが
今も美術館の入口に飾ってあります。

それがこちら↓
「グジェリ焼のクワス入れ」です。

gujeri1

「グジェリ焼」は、ロシアの工芸品。
「クワス」は、ロシアで飲まれている
ライ麦や麦芽で作る微アルコール性の清涼飲料です。



gujeri2

上部は、深窓の令嬢に
馬に乗って会いに来た若者。
ロマンティックな場面…




gujeri3


下部は、令嬢のお父さんとお母さん?
こらー!と怒ってるようにも見えますし、
がんばれー!と応援してるようにも
見えます。
どうなんでしょう…



16年前の記念品、
ぜひ実物を見に来てくださーい(^▽^)






16年前もこちらでお勤めしていた
おつぼね学芸員う

あけましておめでとうございます!(^∀^)-☆

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

あけましておめでとうございます

2014年がスタートしました今年の干支は『午(うま)』ですね
午は逆さから読むと『まう(舞う)』、鏡文字のような馬の字は天高く舞い上がるような飛躍を意味し、
とても縁起がいいと言われています。

午年の人もそうでない人も、2014年は飛躍の年、何事もウマくいく年になりますように

uma2.jpg

伊豆ガラスと工芸美術館は元日から営業、多くのお客様をお迎えいたしております
2014年は美しい工芸品に囲まれ、キレイな心でスタートさせましょう

2014年も伊豆ガラスと工芸美術館をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。



美術館スタッフ一同より。

キャンドル体験が美術館を飛び出した♪

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

こんにちは今日の伊豆高原は快晴、観光日和です

さて、11月16日、美術館内の制作体験工房より、インテリアキャンドル作りのコーナーが美術館を飛び出して、市内のコミュニティーセンターに出現
地域の婦人会の方々を対象に、キャンドルの制作体験を行ないました

当日は集まった15名のご婦人とわきあいあいに体験スタート
ike6.jpg

キャンドル作りは、グラスの中にカラフルな砂や貝殻と、可愛らしいガラス細工を自由に組合せて並べ、最後に透明なロウをグラスに流し込んで完成です

一つのグラスの中におもいおもいの世界、ストーリーを作る事が、この体験のおもしろさでもあります
kumanomi.jpg
「孫へのプレゼントにする!」と一生懸命構成を考えながら作られる方もいらっしゃいました
ike4.jpg

ike2.jpg

クリスマスが近いことから、クリスマスツリーや雪ダルマ、又来年の干支である馬、門松などを入れたりして、一人ひとりの個性溢れるオリジナルキャンドルが、約1時間30分程で出来上がりました
ike1.jpg

この作品たちは11月23日に開かれる「ふれあい祭り」の展示会に出展されるとの事です
たくさんの可愛らしいキャンドル、注目を集めそうですね

今回は出張体験でしたので、選べるガラス細工の種類が限られていましたが、
通常の美術館内制作なら、約500種類から組合せられますので、よりオリジナリティ溢れる作品を作る事が出来ます

伊豆ガラスと工芸美術館で、あなただけの思い出をキャンドルの中の世界に表現してみませんか

皆様のご来館をスタッフ一同心よりお待ちしております



制作体験工房  上嶋

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。