1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花暦 ~すみれ~

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

前記事の自然の花に続きまして、
展示室内の花もご紹介しますね。


ドーム作 /スミレ文栓付瓶(ガラス)

スミレ栓


明るいピンクの素地がかわいらしく、
特に女の子に人気の高い作品です。


ドームは、ガレと並び
アール・ヌーヴォーの代表的な作家と
いわれますが、私は勤め始めの頃
展示作品を見ても、どれがガレで
どれがドームだかわかりませんでした(^_^;)。


でもこのように明るくキレイな色の
ピンクやグリーンやホワイトの素地に
金彩で模様が描かれたものは
ドームの作品で、このあたりから
なんとなく違いがわかるように
なってきました。


個人的な見方ですが
ガレ作品の方が全体的に
色合いが複雑で深みがあり、
作品に主張があるように思われます。


静かに考えながら見たいのがガレ作品、
気軽に目の保養をしたい時はドーム作品が
おすすめです。


すみれの花言葉は「小さな幸せ」
…今、みんなが望んでいるもの。





学芸員ゆ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。