1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花暦 ~カーネーション~ 母の日に

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

昨日の雨が上がり、
爽快な青空が広がる伊豆高原です。

ゴールデンウィークも間近ですが、
最近、ミュージアムショップでは
「母の日」プレゼントを購入される方が
増えてきました。

今年は、5月8日(日)ですね。

母の日といえばカーネーション

ということで今回は!

ラリック作/カーネーション(ガラス)

を、ご紹介します (^・^)

ははのひ1


まるいうつわに8本のカーネーションが
咲いています。

オパルセントグラスといって、
宝石のオパール色を再現したガラスなので
幻想的に青みを帯びた乳白色が魅力です。

今なら1F展示室をはいるとすぐに
お出迎えしてくれますよ~。






   ☆「母の日」 まめ知識 ☆

 5月の第2日曜日を母の日と定めたのは
1914年、当時のアメリカ大統領ウィルソンです。

 そのきっかけは・・・1908年5月10日(5月の第2日曜日)
のこと。1905年5月9日に亡くなった母を追悼するため、
娘アンナ・ジャービスがフィラデルフィアの教会で
母の好きだった白いカーネーションを配り、
母に感謝する日を祝日にする普及運動をすすめたのです。

日本では1947年から5月の第2日曜日が「母の日」となりました。
 


 アンナの母が愛した花であり、“母と子”や“母性愛”の
象徴ともされているカーネーションは、十字架にかけられた
キリストを見送った聖母マリアが落とした涙から生まれた花
と言われています。

ははのひ2

カーネーションに
お母さんへの思いをこめて・・・









学芸員ゆ



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。