1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちおうテーマはひなまつり

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

こんにちは。
今日の伊豆高原は快晴ですが強風です。
「伊豆は温暖」というイメージですが、
冬はこういう日もけっこうあります。
空気は澄んでいるので眺望は良いのですが
風と寒さ対策は必要ですよ。

とはいえ、美術館は屋内ですから
そんな心配もなく、ゆっくりご覧くださいませ(^^)

2015年、お正月や成人式も過ぎて
次のイベントはひなまつりですね。
館内のミュージアムショップでは、
かわいいガラスのお雛様が人気です。

dc011708_convert_20150117095933_20150117100441c4b.jpg

お雛様だけでなく、屏風や餅やぼんぼりなど
個別アイテムも販売していますので、
組み合わせを考えるのも楽しいですよ。

dc011709_convert_20150117100007.jpg

いろいろ揃えると値段は高くなりますが・・・
お客様とお話しすると、こういう小さなガラス雛は
「自分の為に飾りたい」という女性の声が意外と多いです。
いつも家事や仕事をがんばっている女性たちの心を
かわいいガラス細工達がいやしてくれるなら幸いです。

dc011710_convert_20150117100031.jpg




さて、展示室でひなまつりに絡んで紹介できるような
作品はないかなあ~と探してみました。
お雛様のように仲よく並んだ姿とか
人でなくても、おしどりや比翼の鳥のように
夫婦円満のシンボル的なモチーフとか・・・

dc011702_convert_20150117100122.jpg

狙い通りのものは、残念ながらありませんでした(^^;)
その中で、私の目にとまったものは
「ガレの陶器 ボケに小鳥文花瓶一対」。

dc011707_convert_20150117100206.jpg

花咲くボケの枝に二羽の小鳥がとまっていますが。
・・・仲良し?
表情から見て、ロマンスの雰囲気は全くありません。
くちばしが開いていて、何か訴えているみたい。
でもそれは愛のセリフなんかではなくて、
「ちょっと聞いてよ~」という感じ。

dc011704_convert_20150117100141.jpg

熟年というか、付き合いの長い二人(?)が
花の咲いた日向の心地いい場所で世間話してる
これはこれでいやし、というか良いストレス解消かも。

ひなまつりを探そうとして、意外な作品に目がとまり
おもしろかったです。
この作品は前から展示してましたが、
小鳥の表情に、こんなに味があったとは(笑)
皆様もぜひ本物を見に来てください。
当館は展示室で記念撮影OKです。
(ただし他のお客様のご迷惑にならないように)




学芸員う

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。