1. 無料アクセス解析

開館20周年記念・新企画展スタートのご案内 

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback


緑まぶしい爽やかな季節、皆様いかがお過ごしですか?
ゴールデンウィークも早くも折り返し地点となりましたが、まだまだ遊び足りないよ!という皆様も多くいらっしゃることと存じます。
今日はたまたま雨の日となってしまいましたが、緑豊かで爽やかな伊豆は毎日がベストシーズンと皆様に自信を持ってお勧めしたいくらいです!
ぜひゴールデンウィークの後半戦には、伊豆ガラスと工芸美術館にお出かけくださいね!!

さて。今日は最近美術館の前であった、ちょっと素敵な出来事から新企画展のご案内をしようと思います。

皆さんはカワセミという鳥をご存知ですか?
ひすい色の羽根と、胸元のオレンジの羽毛が鮮やかなとってもきれいな鳥です。
伊東市内でも松川のあたりで見かけることができるのですが、つい先日美術館の裏手にいた時に、びっくりするほどの至近距離で見かけてしまいました!!
(大室のおいしい水に惹かれてやってきたのかな?)
とっさに驚かせないように携帯のカメラで取ろうとしたのですが、間に合わず写真に収めることはできませんでした。残念です。

本物のカワセミの写真は用意できなかったのですが、
美術館の中ではいよいよ明日5月1日から、美しい花や鳥にまつわる新しい企画展が始まります。

201305title.jpg

伊豆ガラスと工芸美術館では、来る5月1日(水)より、第47回企画展として、
「開館20周年記念展 日本の花鳥とアール・ヌーヴォー」を開催する運びとなりました。

平成5年5月1日にオープンした当館は、おかげさまで開館20周年を迎え、入館者数は累計300万人となりました。
この機会に、当館のメインテーマ「和と洋の意外なつながりを発見」させてくれる、ジャポニスムやアール・ヌーヴォーの作品約120点をご紹介いたします。

私たちにも身近な日本の“花”や“鳥”。海を渡り、外国の作家からも愛されて、ガラスや陶器、版画の中に表現されました。ここ伊豆の風景と織り交ぜて、アートをお楽しみください。

また、2F展示室では好評開催中の「エコール・ド・パリのかお郁り 新たな美を求めた作家たち ~ラリック、フジタ、ピカソ、シャガール、ダリ~」を期間延長し、ラリックやティファニーのガラス、ピカソの陶器や版画、ダリのブロンズ、シャガールの版画等、約100点を展示しています。

明日5月1日には入館者の方を対象にした、オリジナルポストカードセットのプレゼントもございます。
作品のポストカード(5枚)の他にもう1枚、展示作品の写真をコラージュした企画展のポストカードを印刷してプレゼントしたいとご用意しています。ぜひお楽しみに!!

記念すべき開館20周年記念の日に、より多くのお客様にお会いできますよう、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

伊豆ガラスと工芸美術館 スタッフ一同より。

※カワセミの写真はまたチャンスがあったら狙いたいと思います。
1階ショップ やまぐち

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://izuglass.blog69.fc2.com/tb.php/187-cd2adba7