1. 無料アクセス解析

ガラスの鯉

Posted by 伊豆ガラスと工芸美術館 on   0 comments   0 trackback

突然ですが
「鯉の滝のぼり」
という言葉をご存知ですか?

その意味は、立身出世の象徴とのこと。
急流の滝を上りきった鯉は
登竜門をくぐって
天までのぼり、やがて龍となる
という中国の言い伝えから。

企画展に展示中の作品で
今の季節に最もふさわしいのは...

バカラ作/跳ねる鯉(ガラス)

鯉のぼりの季節にぴったり。

bakara


日本の伊万里焼や平戸焼にも
「鯉の滝のぼり」を表現した
作品が残されていますから、
それらが海を渡り、
ヨーロッパで紹介されて
欧米の作家に影響を与えたかも・・・。
「ジャポニスム」の一例ですね。


kidsartprojecttuushin_convert_20150426114506.jpg

ところで上の2つの画像は、
静岡県の全ての小学生が持っている
ミュージアムパスポートの参加館が
毎月つくっている通信の
5月号の原稿です。

下の方が決定稿です。
before after
原稿作成の舞台裏(笑)

ミュージアムパスポートを
お持ちの方は、入館時に受付で
ご提示くださいね。
年中無休でお待ちしております。


余談ですが
鯉の滝のぼりの説明にある
「立身出世」という言葉、
若者やこどもたちには
よくわからないようです。
時代の変化でしょうか?
昭和の言葉なのかなと
思ってしまった
おばさん学芸員うでした。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://izuglass.blog69.fc2.com/tb.php/256-fc1cb668